日本で針治療が浸透しない訳

日本で針治療が浸透しない訳

日本は昔から中国を習って都が作られ、制度を真似て憲法が作られました。
仏教や儒教の思想も取り入れられて、現在にも根付いています。
外来文化には概ね好意的な民族だったのです。
中医学である針灸治療や漢方療法もさかんに行われており、日本独自で発展した治療法もたくさんあります。
しかし現在はほとんど影を潜めています。
これは明治時代、江戸時代の鎖国を解いた大日本帝国は、欧米の国々に追い付き追い越せとばかりに「富国強兵」を国策として推し進めました。
この時、それまで余り馴染みの無かった西洋医学を全面的に取り入れ、中医学は排除する方向に舵を切りました。
中医学では治癒するまでに時間が掛かり、効率が悪い為です。
西洋医学ですと、痛みは痛み止めの処方。
腫瘍があるとか、機能不全な臓器も切除して治癒とします。
戦場で兵士の治療には、応急処置が発達している西洋医学が向いているとの判断でもありました。
これにより同じ病名には同じ治療、同じ薬の投薬で治療が完了する為、治療のスピードも速くなり、医学の方向転換は正解だったのでしょう。
その結果、中医学は完全に忘れ去られて、数少ない針灸師や漢方専門の薬剤師さんしか施術できる方がいなくなりました。
現在でも健康保険で治療や漢方薬が処方できるのはごく一部です。

    人気サイトのリンク集

  • なかなか治らないにきびを関西で治療してくれる病院を探しているなら、膿やコメドを排出させ根治治療を行ってくれるので、早くて2、3日後には改善が見られ、同時にビタミンCイオン導入、ビタミントリートメント、トレチノイン、フォトRF、フラクセルなどを併用するため、みるみる肌の状態が良くなっていると実感できるのでオススメです。

Copyright(C) 針治療による治療方法と効果効能 All Rights Reserved.