針治療は健康保険が適用される

針治療は健康保険が適用される

針治療は高いとイメージしている人も多く、専門的な治療ではありますが、針の治療も健康保険が適用されます。
しかし適用されるには条件を満たしている必要があります。
条件とは、部位は問わない神経痛である事、リウマチ、首から肩への痛みやひどい肩こり等を感じる頸腕症候群、肩関節の痛みである五十肩、ぎっくり腰を含み腰痛症、ムチウチ等の頚椎捻挫後遺症、変形性膝関節症等の関節の痛みです。
または針治療の保険適用を受ける際には医師の同意書が必要になります。
同意書は近くのNPO全国鍼灸マッサージ協会へ加盟の治療院でもらう事ができます。
病院で診察を受けた上で医師にお願いします。
医師に同意書をもらったら、必ず1週間以内に保険治療を行えるNPO全国鍼灸マッサージ協会に加盟店の治療院へ来院する必要があります。
つまり保険適用を受けるためには、まず保険で治療を受けたいと申し出します。
同意書の用紙を受け取ったら、かかりつけの医師に記入してもらいます。
かかりつけ医がいない、同意書がもらえない場合は、NPO全国鍼灸マッサージ協会に所属する治療院・診療院に相談すると良いです。
そして記入した同意書と、健康保険証・印鑑を持参して来院します。
無事書類を渡す事ができたら保険適用の診療が開始されます。

    Copyright(C) 針治療による治療方法と効果効能 All Rights Reserved.