針治療とマッサージ治療の違い

針治療とマッサージ治療の違い

針治療は鍼灸専門店で施術を受ける事ができます。
鍼灸は針と灸に分かれています。
針は髪の毛の細さの針を使用します。
針と鍼管と呼ばれる管を使い、痛みのある部分に刺していきます。
針は血行の流れを良くするために行います。
そして自然治癒力や自己免疫力といった、人間の身体が本来持っている力を呼び起こします。
症状や使用目的により使用する針の長さ・太さ・種類を変えていきます。
痛みやコリ張りを感じる部分に針を刺す事で、針を刺した周囲の血管を拡張させます。
そして血流促進を行います。
灸は体に見られる異常反応点と呼ばれる部分に灸をすえます。
その刺激によって血の流れを調整し、体の機能を正常に導くことが目的です。
お灸もモグサの大きさ・硬さ・軟らかさ・壮数・モグサの精粗を調整します。
激しい痛みの時や急性の痛みの時は、灸で強い刺激を与え血の流れを調整します。
慢性の痛みの時は灸は、少なめに設定し緩やかな刺激を与え体と相談しながら決めていきます。
マッサージは押す・引く・摩る・揉む・叩くといった手技を用いて、個々の体格や症状により最適な方法で行います。
マッサージはリンパや血液の流れ、筋肉の走行に沿って施術を行います。
直接的にはリンパ管や血管等の循環器系、間接的には神経系を介して内臓に刺激を与えます。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • アジアンテイストの落ち着いた空間で、熟練スタッフが全身の疲れを癒してくれる下北沢 マッサージ店を探しているなら、低料金で利用出来て友達同士、カップルや親子などは同時に施術が可能なのでオススメです。

Copyright(C) 針治療による治療方法と効果効能 All Rights Reserved.