このサイトについて

このサイトについて

サンプルイメージ

針治療には痛くない秘密が2つあります。
1つ目は針の太さに関係があります。
私達が日常生活を送る上で、針と言うと注射器の針か裁縫道具の針を想像しますが、身の回りの針をうっかり刺してしまったら痛いものですし、痛いので自分で刺す事も滅多にないです。
しかし専門の機関で使用する針と言うのは、日頃目にする針よりも非常に細い針になります。
それは髪の毛ほどの細さであり、皮膚に刺しても痛みを感じる事はほとんどないです。
痛くない原因の2つ目は刺し方です。
針の治療には鍼管と呼ばれる細い管が使われます。
針を入れ鍼管の上部にわずかに飛び出している針の頭を叩いて刺すと、針先は瞬時に皮膚を通過するので、細胞の破壊は最小限に抑えられ痛さを感じないのが理由の一つです。
それと針先の形が工夫されています。
針の先端が丸みを帯びていて葉っぱの様な形をしています。
この丸みを帯びた針先が皮膚への抵抗を少なくしスムーズに通過するため、痛さを感じない仕組みになっています。
針治療を受けるにあたって最初の壁は針は痛くないのかです。
蚊に刺されたようだ、たくさん刺されても刺さっている感覚はあるが痛みは無い、と実際に体験した人はこの様に感じます。
体験してみる事で最初の想像していたような痛みを感じない事がわかります。

    コンテンツ一覧

    おすすめ最新情報

    股関節のすり減った軟骨と痛んだ骨を切除して、金属やセラミックでできた人工股関節 名古屋で置き換える手術を検討中なら、従来に比べて痛みが少なく傷口も今までより半分近く小さく抑えられるのでオススメです。
    高い技術力で施術をおこない、リピーターも多い下北沢でマッサージ店を探しているなら、深夜2時まで受付しているので、時間の調整が難しい仕事帰りの人でも余裕を持って通えるのでオススメです。
    Copyright(C) 針治療による治療方法と効果効能 All Rights Reserved.